深くなってしまったら|肌負担の少ない方法でしみ治療を|念願の綺麗な美肌を得よう

肌負担の少ない方法でしみ治療を|念願の綺麗な美肌を得よう

深くなってしまったら

婦人

リスクが少ない方法

いつまでも若々しさを保つために、気になるのが深くなってしまったほうれい線です。浅いほうれい線であれば、自宅でのマッサージや運動保湿ケアも効果があります。しかし、確実なほうれい線の消し方を実践したい、と望むのならば、美容外科での施術を受けるのがおすすめです。美容外科には、いろいろな手法を使ったほうれい線の消し方があります。それぞれの方法にメリットとデメリットがありますが、現在、皮膚を切開して頬をリフトアップする大きな整形手術よりも、手軽に行える「切らない整形」と言われるほうれい線の消し方に注目が集まっています。ヒアルロン酸の注入や、吸収糸でのリフトアップ、高周波治療などがそれに当たります。切らないと言っても、顔にする施術ですから、施術を受ける前によく調べて、納得したうえで受診すると良いでしょう。

高周波での施術

切るのはもちろん、注射もできれば避けたい、という方に向いているほうれい線の消し方が高周波を使用したほうれい線治療です。美容外科で使用される高周波はもともとやけど跡などの治療に使われていた医療器具です。有名なのはサーマクールという高周波です。これは、安全性と効果の面からも評価の高い高周波です。高周波であえて皮下組織にダメージを与え、再生を促すことでコラーゲンの生成も促進するという治療法です。ほうれい線のできる原因は頬のコラーゲンの衰えですから、これが改善されることで、ほうれい線を消すことができます。その上、肌のハリやツヤなども改善されますので、顔全体が若返ったように感じられるでしょう。自分の回復力を活かした治療法ですので美容外科での定期的な施術が必要です。そして術後コラーゲンの回復とともに数か月〜半年ほどでほうれい線も消えていきます。