肌負担の少ない方法でしみ治療を|念願の綺麗な美肌を得よう

クリニック仕様の治療法

女性

大阪でも多くの人を悩ませているのが再発を繰り返しやすい難治性にきびです。こうしたにきびは自己流の処置では治せないので、大阪の美容クリニックで治療してもらうのが完治への近道です。大阪の美容クリニックではクリニックならではのクオリティの高いにきび治療法を用意しています。

肌のハリを良くする施術

女の人

赤ら顔やにきび、毛穴の開きの治療にも有効なフォトフェイシャルは、ポピュラーな美容治療です。肌のハリを向上せることが可能で、千葉県内でも多くの人が効果を実感しています。しかし、一度の治療で完了するものではありません。複数回の治療が必要ということはきちんと把握しておきましょう。

しみをなくす治療

レディー

レーザー治療の副作用

最近はレーザーを照射するだけのしみ治療が人気です。レーザーは効果が高い分、肌に対して負担がかかります。これからしみ治療をするなら、安全のために最低限の知識を持って治療に臨むことが大切です。レーザーでしみ治療をすると、皮膚が一時的に傷ついた状態になります。しみの範囲が広く深いほど、ダメージが強くなります。出血がある場合は一時的に肌を保護するテープを貼っておく必要があります。しみ治療後しばらく経過すると、レーザーで傷つけられた組織が上に押し上げられてきます。そしてかさぶたになります。かさぶたは無理やり剥がさず、自然に剥がれるまで待つようにします。ターンオーバーによってかさぶたが剥がれるとツルツルの肌になります。念願の綺麗な美肌を得ましょう。

複数の治療を併用する

しみ治療の種類にはレーザー治療の他に、ケミカルピーリングや内服薬や内用薬、点滴や注射などがあります。レーザーは深いところまで届くので、しみを一回で破壊できます。しかし、しみが沢山点在してある場合は、光治療やケミカルピーリングなどを併用するのがお勧めです。光治療ではフォトフェイシャルが有名です。一度の治療で広範囲に渡る沢山のメラニン色素を破壊することが出来ます。頬に出来やすい細かい雀斑を改善するのにお勧めです。ケミカルピーリングには新陳代謝を上げて角質を剥がす働きがあります。古い角質と一緒にしみも剥がれてなくなります。ビタミンC点滴やプラセンタ注射などを定期的に繰り返すと、さらに美白効果がアップします。

深くなってしまったら

婦人

深くなってしまったほうれい線は美容外科で消せます。美容外科には様々なほうれい線の消し方があるのです。現在は特にリスクの少ない切らないほうれい線の消し方が人気です。注射も苦手な方には、高周波による治療が向いています。